【七五三の体験記録】伊勢山皇大神宮の混雑回避コツ

   

こんにちは!ぴんたんです。
19日(日)に、娘の七五三のお祝いをしてきました!
わたしの家は何かと伊勢山皇大神宮にお世話になっているので、今回も伊勢山へ。
事前情報では七五三の時期はかなりの混雑で、並ぶだけで疲れてしまうというような話だったので心配していたのですが、意外と運良くスムーズにお参りを終えることができ、その後の食事会までの時間が空いてしまったほどでした。
そこで、今回は一日の流れを振り返りながら、いくつかその要因となったことをまとめてみたいと思います。

【当日12時頃~】着付け→出発

もともと娘だけが着物を着る想定だったのですが、数週間前からの準備の段階で娘が試着などをすごく嫌がってしまい、最終的に「おかあさんと一緒なら着るぅ~」ということだったので、妻も一緒に着ることになりました。

着付けは、うちの場合着物は実家に代々残されているものがあったこともあり、お店に行くなどはせずに、実家で祖母が手伝ってくれました。また、髪型のセットも母がやりました。

このあたりは、嫌がる娘もお店の人にやってもらえば大人しくするかな…という案もあったのですが、「お金だけ払って着物着られず…」という最悪パターンは避けたかったので、「まぁ、当日嫌がって着られなかったらそれはそれで仕方ないね。。」という前提で、家族内で協力して済ますことにしました。

ただ案の定、前日の帯の試着を一瞬だけするにも娘を説得するのが大変で諦めモード・・・当日の着付けもあれやこれやと娘の機嫌をとりながら、なんとか14時頃、着させることができました。。

本当に大変だったのでみんなでホッと一息…数週間前から着物の丈や帯の調整をしてくれた祖母と母に、感謝感謝です。

その後妻の着付けも終わり、14時半頃出発しました。

【14時55分頃】 伊勢山皇大神宮到着

混雑のことを考えると電車がいいのでしょうが、着替えなどの荷物が多かったのに加え、5人での移動でしたのでうちは車で行きました。

付近にあまり渋滞している様子はなく、これはもしやスムーズに入れる?!と思いきや、伊勢山皇大神宮の駐車場の道に入ったところ列がズラーッと。。

警備員さんに聞いたところ、伊勢山皇大神宮には25台の駐車場があるが、私たちは19台目の待ち順で、停められる目安は一時間強後…とのこと。

祈祷の受付時間は16時までだし、運転手だけ残るとしても一時間は待ってられん!と思い、近隣のパーキング探しに行くという判断に。

…これが功を奏しました。

【15時頃】 駐車場停車完了

伊勢山での駐車場列から抜けて右折後、突き当たりを左折してすぐ、右手に神奈川県立青少年センターが見えてきます。

右折入庫はできないのですが、少し先でUターンして青少年センターの前まで行ったところ、ちょうど満車から一台出たタイミングですぐに入庫することができました・・・!

前面道路は片側1車線のため入庫待ち禁止になっていたので、本当にタイミングが良く助かりました。

とは言え青少年センターは相当な数の駐車台数だったので、ぐるぐる回っていればそのタイミングには割合すぐにあたるのでは、と思います。

そして青少年センターから伊勢山皇大神宮までは、そう遠くありません。

わたしたちは慣れない着物を着た妻と、車で昼寝に入った着物姿の娘を抱っこしながら歩いたため10分強かかりましたが、普通に歩けば5分程度で着くと思います。

【15時15分頃】祈祷受付

境内に入ったあと、義理の両親と合流。しばらくわちゃわちゃしましたが、まずはメインの祈祷を、ということで申込みに行きました。おそらく時間が遅めだったことで、ほとんど並ばずに祈祷申込み+千歳飴購入をすることができ、少し写真撮影をしたあとすぐに祈祷の列に並びました。

こちらも人が多すぎて流れ作業のように進んでいく、との事前情報をきいていましたが、ぼくたちは先頭から7番目の位置で、後ろもさほど混雑していなかったためすぐに祈祷に呼ばれ、すごく丁寧にご祈祷していただけた印象でした。

それより祈祷中、ずっと娘の抱っこをしているのが辛かった印象が強く残りました(笑)。神主さんが「頭をおさげください」というのに合わせて「おじぎをするんだよ」と教えてあげると、娘は抱っこされながらきちんと前のめりになってくれて・・・・体重が腕にかかりまくってぷるぷるしていました(苦笑)その後腕の筋肉痛が4日ほど続きました。

【15時50分頃】 祈祷、写真撮影終了→会食へ

祈祷が終わった後、集合写真を撮って16時前に終了!

その後の会食は17時から伊勢佐木町の牛鍋屋、『荒井屋 本店』さんで行う予定でしたので、結構時間が空いてしまい、青少年センターで少しお茶をしてから向かったのでした。

ちなみに荒井屋さんの牛鍋は特選の牛鍋コースをいただいたのですが、お肉がとーーっても美味でした!建て替えをしてから半年以内ということで店内もとても綺麗で、しかしそこまで着飾らなくても大丈夫な雰囲気で、カジュアルに食事会をしたかったわたしたちにとってぴったりでした。

料理の種類の割には少し値が張る印象はありましたが、みんな美味しいと喜んでいたので総じて良かったと思います。

まとめ

七五三当日の流れを振り返りながら記しました。

今回、時間がスムーズにいった要因としては、

①日程を11月下旬にした
②祈祷時間を午後にした
③伊勢山の駐車場に並ばず青少年センターに停めた

この3つがポイントでした。

もう11月も後半なのでこれから行かれる方は少数かもしれませんが、2018年以降にでも伊勢山皇大神宮に七五三祝に行かれる計画を立てられる際にでも、ぜひご参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

※最上部の画像は伊勢山皇大神宮の公式HPより拝借させていただいています。

 - レジャー, 未分類