『陸王』劇中歌”Jupiter”を歌うLittleGleeMonster、おすすめの5曲紹介

      2017/11/05

こんにちは!ぴんたんです。

10月15日(日)、TBSにて日曜劇場『陸王』が放送開始されました。

普段ドラマをあまり見ないわたしですが、『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』に続く池井戸 潤さん原作のドラマ化、とのことで興味をもち、見てみました。(これまでの三作、ものすごく熱中しました・・・!)

ドラマは前評判通り初回から見どころが豊富でとっても面白かったのですが、個人的に注目したのが、ドラマ後半の劇中で流れた曲、「Jupiter(ジュピター)」。

こちらは2004年に歌手の平原綾香さんがクラシックの原曲に歌詞をつけて歌ったことで大変話題になった曲ですが、それをLittle Glee Monster(リトルグリーモンスター、以下リトグリ)がカバーしたバージョンが、劇中歌に採用されたのです!!

リトグリがまだ無名だった頃から応援しているわたしは、曲が流れた瞬間「え?リトグリじゃん!!」と大興奮!

「日曜劇場の劇中歌に採用なんて、大きくなったねぇ。。。」と親みたいな気持ちで聞いていました(笑)

『陸王』はさすが、初回から14.7%の平均視聴率だったこともあり、世間でも少なからず「あの劇中歌、誰が歌っているの?」と話題にのぼっているようです。

ただ、実は個人的には、ドラマの雰囲気と今回のリトグリの曲が合っていたかというと、ちょっと微妙かな、と思っています。(少なくとも初回では。)

せっかくリトグリは魅力的なグループなのにちょっともったいないなぁ・・・と。。

ということで前置きが長くなりましたが、本日は主にドラマ『陸王』を見て初めてリトグリを知った方向けに、リトグリの簡単なプロフィールと、まず聴いていただきたい5曲をご紹介します!

※ご紹介する写真・動画はすべてLittle Glee Monsterの公式サイトのものです。

Little Glee Monsterとは

リトルグリーモンスター、通称リトグリ。グループ名の由来は「研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残す」というテーマからのもの。

オーディションで選ばれた6名の女性メンバーで、2014年10月にメジャーデビュー。

デビュー当時から、日本人離れした力強い歌声と細やかなフェイクなどの技術力で、音楽界を驚かせました。そしてさらに驚きだっなのは、メジャーデビュー時の6人の平均年齢は、なんと16歳!年齢が低いことで実力が大きく期待値を超えたこともありますが、同世代だけでなく多くの音楽ファンを虜にしました。

デビュー後も世界を目指す熱い想いでリリースイベント多くのライブで歌声を披露し、徐々にその人気を不動のものに。

代表的なものでは2015年にはTBS系ドラマの主題歌に抜擢、2016年にはソニー損保のCMに歌とともに出演、2017年には日本武道館ライブを超満員の盛り上がりで終了。最近ではアリアナ・グランデやEarth,Wind & Fireなどの海外有名アーティストの日本公演でオープニングアクトやゲストを務めるなど、世界への第一歩も踏み出しています。

デビュー当時6人だったメンバーですが、2017年4月にメンバーの麻珠が活動休止⇒6月に卒業し、2017年10月現在5人構成に。わたしを含め麻珠ファンは多かったので人気低迷の心配もされましたが、今回の『陸王』劇中歌採用など、立ち止まることなく活動をしています!

初めてのリトグリに、おすすめの5曲

①好きだ

リトグリを広く世に知らしめた代表曲。ドラマの主題歌だっただけあって非常にキャッチーな曲調です。リトグリの実力を感じていただく意味では少し物足りないのですが、まず聴いていただくにはやはりこれかな、という曲です。

この曲も含め、リトグリはプロモーションビデオの歌を生歌収録している曲が多いです。もちろん安定感のある歌唱力があるからこそ、ということもあるのですが、CD音源で聴くのとは違う「生」の歌を聴けることがファンにとってはすごく嬉しいサービスだと思っています。

②青春フォトグラフ

続いておすすめするのはリトグリの2ndシングル、「青春フォトグラフ」。

女子中高生の卒業の想いを歌った曲で、卒業のなんとも言えないホロ苦い感じを思い出させてくれます。

以下に原曲の動画もご紹介しますが、ぜひ聴いていただきたいのがこちらのバラードバージョン!銭湯で生歌を歌っていて、メンバーの歌唱力の高さを感じることができます!

みんな声質はさまざまでリードボーカルをとるときはそれぞれ個性がしっかり立っていますが、ハモりのパートをやるときはばっちりハモらせにいけるところもまた、実力を感じさせられます。

原曲の元気バージョンも、良いですよ♪

③Seasons Of Love

続いてご紹介するのは、1990年代の代表的なミュージカル映画 “Rent” で有名な曲、「Seasons Of Love」のカバーバージョン。

デビュー当初の動画なので今よりも初々しい歌声ですが、それでもフェイクのきいた英語の曲を見事に歌いこなしているのを聴いていただけると思います。

中高生が、というひいき目なしに、洋楽をここまで力強く歌いこなせる日本人って、なかなかいないですよね。。

そしてこういった洋楽のカバーを公開することで世界アーティストからも認められ、オファーがきているのかなぁと思います。

④小さな恋が、終わった

おすすめ4曲目は、2016年1月に発売された1stアルバム、『Colorful Monster』からのリード曲、「小さな恋が、終わった」。

失恋の悲しみを、せつなくも、力強く歌う曲です。曲がとにかく良いのと、生歌1発撮りながらPVのリードボーカル・ハーモニーのクオリティの高い点にご注目ください。

⑤だから、ひとりじゃない

最後にご紹介するのは、2017年5月に発売されたシングル曲『だから、ひとりじゃない』。

メンバーの麻珠が卒業してからまだ間もないので4曲目までは6人構成の動画紹介となりましたが、こちらは麻珠卒業後に初めてリリースした5人構成のシングル曲です。麻珠の卒業でメンバーそれぞれ思うことがあったと思いますが、これから5人でがんばっていくんだ!という強い想いを感じる熱い曲です。

歌唱力はもちろんのこと、USJのキャラクターとの楽しげなダンスにもご注目ください!

まとめ

日曜劇場『陸王』の劇中歌でも話題のLittle Glee Monster、リトグリのオススメ曲をご紹介させていただきました。

デビューから結構なペースでCDリリースをしているので、他にも良い曲はまだまだたくさんあります!!

2017年発売のシングルを除いてシングル曲はすべてアルバムに収録されていますし、シングル曲以外も良い曲ばかりなので気に入った方はぜひ、アルバムを聴いてみてください★

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★

 - MUSIC